フォトアルバム

2015年11月 4日 (水)

2015. 10/31.  皆様へお知らせ

2013年3月から遅々として進まないブログにお付き合いして下さった皆様へ

この度、またまた容量一杯となり、新しくブログ開設することとなりました

ブログ名 : stork-field 参
変わり映えしませんが、これからもコウノトリさんたちのことを
ボツボツ記録していきますので、よろしくお願いいたします

*新開設するたびにネーム変更も余儀なくされており、  
  ”参”では”裕夢”となります

Img_001

2015. 10/31. 夕方の野上のコウノトリたち


この日も、午後の郷公園西公開ケージに野上ペアは現れず、
郷公園の帰り、野上保護増殖センター前へ行くと
ビオトープ手前の刈取り田んぼに二羽

Img_0241

野上主人J0001 
矢張り近くにいる野上夫人J0362を見守るように佇んでいました

Img_0242

足環が見えませんが、クビをすくめ左足に体重をかけているのは
おそらく野上夫人J0362...
あれだけ腫れていたのですから、治るにも時間がかかりそうです...

2015. 10/30. 午後の郷公園のコウノトリたち


曇り時々小雨、寒い風が吹く午後、
郷公園へ行くと、研究棟の屋根に二羽

_mg_0003_2

_mg_0010

_mg_0027

赤石ペアの二羽
左は夫人2009年野上生J0017、右は主人2008年三木生J0426
風に向かい、身を屈めたり、ペアで仲良く同じ方向を見たり...

_mg_0059

二羽が見下ろす研究棟前の旗、強い風に翻っていました

2015. 10/29. お昼の野上のコウノトリたち


前日見た野上夫人J0362、テリトリーの野上でどうしているのかと
野上へ見に行くと、巣塔下の農道にペアが揃っていました

Img_0021

左が野上主人J0001、右が野上夫人J0362
J0362は、右足をかばうように佇んでいました

Img_0020

Img_0026

Img_0042

野上夫人J0362の右足関節、
昨日の今日なので、状態は変わらないようです
クビをすくめ、弱々しそうです

Img_0029

後ろで保護者のようにいた野上主人J0001
此方を警戒し、J0362を心配しているようにも見えましたので、
早々に引き上げました


2015. 10/29. 午後の祥雲寺のコウノトリたち

曇りの午後、郷公園前の祥雲寺第一巣塔

_mg_0004

_mg_0039_2

いつもは、三江小学校巣塔ペアが揃っているのですが、
この日はどちらかが坐りこんでいます
産卵には早すぎますので、一息ついているのかな?
しっかり自分のテリトリーを主張しているようです

_mg_0060

_mg_0065

しばらくすると立ち上がり、伸びをしました
三江小学校巣塔夫人2009年百合地生J0012
ペア相手の2010年祥雲寺生J0021は、周辺にいませんでした

Img_0120

と、J0012が威嚇体勢を取り、巣に伏せました

_mg_0082

Img_0123

Img_0124

郷公園東ゾーンから飛び立って来たらしい一羽が、
巣塔に2010年祥雲寺生J0021がいないので、
わざとのように巣塔上空を通過し、西公開ケージへ向かいました
2013年養父伊佐生J0476

Img_0125

_mg_0088

巣塔で伏せていた2009年百合地生J0012
J0476を追うように飛んで来たもう一羽を、油断なく?見送っていました

Img_0129

2013年養父伊佐生J0476は、そのまま西公開ケージへ下りて行きました

_mg_0092_2

J0476の後を追うように西公開ケージに入って行ったのは、
2014年福田生J0089   すっかり郷公園組になっています


  


2015年11月 3日 (火)

2015. 10/29. 午後の郷公園東のコウノトリたち


14時半過ぎ、郷公園東公開ゾーンへ行くと...

_mg_0110

_mg_0112

_mg_0118

ビオトープから通路に移動し、上の段へ向かっていたのは、
三江小学校巣塔主人2010年祥雲寺生J0021
その向かった先には...

_mg_0125

J0021の母鳥エヒメさんが、一番上のビオトープでエサ探ししている所へ
右からJ0021が、場所を取るようにやって来ました

_mg_0138

2010年祥雲寺生J0021がビオトープを軽やかに歩いてエサ探し
ペア相手の2009年百合地生J0012が、
東ゾーンへ来ているのを見たことがありません...  
J0021は巣立ちした場所なので入って来易いのかもしれませんが、
J0012はエヒメさんに遠慮しているのかな?

_mg_0143

_mg_0145

Img_0167

エヒメさんが下の段のビオトープへ移動し、エサ探し
オオアカミズクサが水面を覆い、エサは見つかりそうにありません

以前に比べ、郷公園のビオトープの荒廃が目立って来ました
草刈は頻回にされているようですが、水路など山土に埋もれています
シカやイノシシ、アナグマなどの所為もあるようですが...

2015年11月 2日 (月)

2015. 10/29. 午後の郷公園のコウノトリ J0016

14時過ぎ、郷公園西公開ケージを覗くと、中段の池でバサバサ

Img_0043

北側の通路から見たので、足環が見えませんが、水浴びしている様子
ダレかな?  飼育のコウノトリさんではなさそう...

Img_0065

Img_0067

Img_0069

Img_0071

Img_0080

Img_0081

Img_0082

Img_0083

Img_0084

Img_0085

Img_0087

Img_0094

Img_0096

Img_0097

西側通路へ見に行くと、河谷電柱巣の夫人2009年野上生J0016が
久しぶりに飛来し、水浴びを終えた所でした
池から土手へ上がり、身震いし水切り、
その後フェンス近くの土手へ移動し大きく翼の水切りし、念入りな羽繕い
給餌待ち時間に水浴びし、すっきりしたようです

Img_0183

Img_0190

羽繕い後は上段の土手へ移動し、クビをすくめ給餌待ち

Img_0261

_mg_0203

後ろに三江小学校巣塔生まれの幼鳥J0099を従え?
2009年野上生J0016がエサ探し

J0016のペア相手の2010年百合地生J0025
たまに西公開ケージに飛来していたのですが、最近はとんとご無沙汰...
目撃情報はありますので、自活して頑張っているようです

2015. 10/29. 午後の郷公園のコウノトリの幼鳥 J0099

曇りの午後、郷公園西公開ケージの給餌間際
慌てたようにケージ内に下りて来た一羽

Img_0213

Img_0214

Img_0216

Img_0217

Img_0219

Img_0220

三江小学校巣塔生まれの幼鳥J0099
しばらく来なかったのですが、この日は姉妹の幼鳥J0100とは別行動で
西公開ケージに飛来しました

Img_0222

給餌の軽トラックをお出迎えに移動する他のコウノトリさんたちを見ています
左を行くのは、J0099の母鳥、2009年百合地生J0012

Img_0236_2

Img_0239

飼育員の方がケージ内に入って来られると、奥の木陰に逃げ、
しばし佇んでいました  みんなはもうエサを食べているというのに...

Img_0246

Img_0248

やっと水の中へ下りても、積極的にはエサ探しせず...
おナカ空いてないのかな?

Img_0252

やっと上の池の中をエサ探し
今日は姉妹のJ0100がいないので、遠慮しているのかな?

_mg_0202_2

まだエサ探ししている河谷電柱巣の夫人、2009年野上生J0016の後ろを
三江小幼鳥J0099がエサ探し
三江小学校生まれの幼鳥姉妹、他の幼鳥たちのように遠出せず、
まだ生まれ育った周辺で過ごしています

2015. 10/28. 午後の祥雲寺のコウノトリたち J0021&J0012


曇り空に時に晴れ間の午後、郷公園西公開前の祥雲寺第一巣塔下
ビオトープの真ん中に何かトレイのような入れ物が...

Img_0042

三江小学校巣塔ペアがビオトープ内をエサ探しているうちに、
三江小学校巣塔主人、2010年祥雲寺生J0021が
トレイの中に入り、突いていました
エサでも入っているのかな?  餌付けにしては変...

_mg_0044

_mg_0051

三江小学校巣塔夫人、2009年百合地生J0012も右から近寄り、
トレイの中を突き始め、J0021はトレイから出て右へ避けて行きました

_mg_0056

_mg_0058

_mg_0061

J0012がトレイから何かを食べたので、J0021もまたトレイの方へ戻り、
ペアが仲良く突いていました  
西公開ケージの給餌までまだ時間があります


2015年11月 1日 (日)

2015. 10/28. 午後の郷公園のコウノトリ J0362

曇り時々晴れの午後、久しぶりに野上夫人J0362の姿が...
右足の関節を痛めているのに、この3日ほど郷公園で見かけませんでした

_mg_0006

_mg_0089_2

西公開ケージ奥のフェンス際で左足に体重をかけ給餌待ち
見た所、全くよくなっていないような...
むしろ少しずつ腫れが広がっているような...?

Img_0081

Img_0082

給餌の軽トラックのお出迎えも、しなくて良いのにしていましたが、
以前なら歩いてお出迎えのところ、低く飛んで移動し、
着地を左足でするので体勢が崩れてしまい、すんなりとは下りれず...

_mg_0131

_mg_0135

下りた後も、すぐに移動せず、飼育員の方がかなり近くに来ない限り
じっとしていました

_mg_0143

_mg_0151

採餌は専らタライのアジ
他の仲間と懸命に食べていました
赤石夫人の2009年野上生J0017、日高山本夫人J0399、
2013年養父伊佐生J0476、百合地夫人J0228 がいました

_mg_0166

Img_0120

このタライのアジが無くなり、他のタライへ行きましたが、
飼育のコウノトリさんに攻撃され、池の中へ移動
活き餌は捕れていませんでした

_mg_0192

痛々しい右足の状態、以前見た時より全く変化なく、
むしろ腫れがひどくなっているように見えました
どうなるのでしょう...


最近の写真

  • Img_001
  • Img_0242
  • Img_0241
  • _mg_0059
  • _mg_0027
  • _mg_0010
  • _mg_0003_2
  • Img_0042
  • Img_0029
  • Img_0026
  • Img_0021
  • Img_0020